電話占い師になる為に必要なスキルとは?

電話占い師って何をするの?どんな人が占い師に向いているのか? - 電話占い師になる為に必要なスキルとは?

電話占い師になる為に必要なスキルとは?

電話占い師の募集や求人を見ていて、興味があるけれど自分に向いているのか不安で、なかなか一歩踏み出せないというかたはいらっしゃいませんか?ここでは、そんなみなさんに、電話占い師にはどんな性格の人が向いていて、どんなスキルが必要かについてご説明していきたいと思います!

そもそも電話占いとはどんなもの?

tjd
電話占いとは、その名の通り、電話を利用して占いをするサービスのことをいいます。よくある対面式の占いとは違って、お店に直接出向く必要がなく、顔を見られる心配もないので利用する方は多いようです。電話をかけるとすぐに占い師に繋がって占いをする、というわけではありません。まずはオペレーターや自動音声に繋がり、その後に占い師に繋がって話をするというしくみになっており、占い師自身の電話番号は非公開となっていることが多いです。そうすることで、占い師の電話番号がむやみに流出することがないですし、占い中に別の電話が鳴って集中できない、ということを防いでくれるのです。
つぎに、電話占い師になるにはどんなスキルが必要か見ていきましょう。

聞き上手は電話占い師に向いている!

人に相談をしたとき、最後まで話を聞かずにアドバイスをしてきたり、指摘をしてくる人に不信感を抱いたことはありませんか?占いをするうえで、まずよく話を聞くという能力は、当たり前のようですが、非常に重要なものです。また、ただ聞いているだけではなく、共感してあげることも大切です。相談者は、悩みを解決してほしいという方はもちろんですが、ただ話を聞いて、自分の気持ち、悩みに共感してほしいと思っているかたも多くいるのです。あなたがもし
人からよく相談をされたり、聞き上手だね、と言われた経験があるなら、電話占い師の最低条件は満たしているといっていいと思いますよ。

豊かな表現力でトークが盛り上がる!

rgeag
電話占いの大きな特徴は、相手の顔が見えない、また、相手も自分の顔が見えないなかで話をするという点です。どんなに気持ちがこもっていても、それをうまく表現する力がないと相手には伝わりませんよね。たとえば、声のトーンを明るくしたり、声の大きさに抑揚をつけることで、相手に感情は伝わりやすくなります。ただ単に相手の話を聞いてあいづちを打つだけだと相手も不安になってしまいます。また、適度に間を置いたり、話のテンポを変えてみると相手をこちらの話に引き込むことができるのです。相手の顔が見えないからこそ、表現力を豊かにして、また相談したい!と思わせることが重要です。

不安定なお客様にも冷静な対応で!

電話占いを利用しているかたの中には、悩みに悩んで精神的に不安定になってしまっているかたもいます。ときには八つ当たりされたり、逆ギレされたりと強い口調のかたもいると思います。そんなときに相手のペースに引き込まれてしまうのではなく、冷静に対処する力が必要です。こちらまで強い口調で話してしまうと、さらに相手を怒らせたり不安定にしていまう可能性もあります。そういうときこそ冷静に対応することで、相手の精神状態も安定し、冷静に話ができるようになるのではないでしょうか。普段から、物事を冷静にみたり、落ち着いて人と関わることができる性格であれば、そういったトラブル時には強いですね。

普段の自分を振り返ってみよう!

いかがでしたでしょうか。普段の自分の性格や、話し方などを振り返ってみることで、電話占い師に向いているかどうか判断できると思います。ひとつでも当てはまった、というかたはぜひ前向きに検討してみてくださいね。
rgeha占い師募集(http://offer.purely-inc.jp/)

Copyright(C)2017 電話占い師になる為に必要なスキルとは? All Rights Reserved.